HOMEAndroid LifeXperia arc SO-01C ≫ bootloader unlockとカスタムROM導入メモ

bootloader unlockとカスタムROM導入メモ



※ご注意
root化にはリスクが生じます。キャリアの利用規約違反であり、当然保証の対象外となります。また、当ブログの情報等をもとに行ったことで生じたいかなる損害についても当ブログは一切の責任を負いません。くれぐれも自己責任で。


20111116-DSC_0028.jpg

遅ればせながら、私のarcbootloader unlockしてカスタムROM(CM7)入れてみました

電池の持ちがアレだけど、ヌルサクやね~!!!

以下、bootloader unlock~カスタムROM導入メモ。
ほとんど2ちゃんrootスレの情報のコピペですが、念のために備忘録です。
【2012/03/11】追記
【2011/11/22】リンク修正
【2011/11/18】誤字訂正
【2011/11/17】少し追記しました


【 はじめに 】
思い出しながら書いていますので、間違いや不備があるかもしれません。
もし実施されるのであればググるなりして情報を集めてくださいね。

20111116_Arc_01.jpg


【 準備しておくこと 】
今日現在(2011/11/16)での場合

AndroidSDKFlashtoolfastboot環境
針金やクリップ等、通電するもの
カッターナイフ
必要に応じてPoBOX(JanapeseIME.apk)やlibemoji_docomo.so等はSDに保存しておくといいです。
もちろん、ドコモROMに戻れるようftfも準備しておくといいですね。

1. {ARC/ARC S}[DEVELOPMENT] - CM7.2.0 - FXP046 FreeXperia Project
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1102523
から
(1) update-cm-7.2.0-RC0-XperiaArc-LT15i-KANG-signed.7z(展開しておく)
(2) GAPPS ADDON(gapps-gb-20110828-signed.zip)
(3) Xperia Arc (LT18i)_4.0.2.A.0.42_CE.ftf
をダウンロード

2. PCの任意の場所へ
(1) boot.img(FXP046のRARに同梱)→fastboot.exeのあるフォルダへ(私の場合はC:\android-sdk\tools)
(2) Xperia Arc (LT18i)_4.0.2.A.0.42_CE.ftf→Flashtoolのfirmwaresフォルダへ

3. SDカードへ
(1) FXP046(update-cm-7.2.0-RC0-XperiaArc-LT15i-KANG-signed.zip)
(2) GAPPS ADDON(gapps-gb-20110828-signed.zip)


【 BootloaderUnlockの手順 】
1. 端末での作業
(1) 電池残量 50% 以上 & Wi-Fi がオフになっていることを確認する
(2) 電池と SIM カードを抜く
(3) testpoint カバーを除去する (SIM カードスロットの下。検索して確認すること)
 ※カッターナイフを使うとすぐ外れます

2. PCでの作業(Omnius for SE v0.26)
(1) Omniusにユーザー登録
 http://omnius-server.com/
 必要事項を入力するとメールが届くので、メール記載のURLをクリックしてアカウントをActivateします。
20111117_10.jpg

 (2) Omnius for SE v0.26をダウンロード、インストールする
 20111117_03.jpg

 (3) Android Single Unlock ライセンスを購入する
 http://omnius-server.com/resellers
20111117_02.jpg
私はMAINBOARD(Omniuslogs.net)を選びました。

20111117_01.jpg

 ※安さにつられて 1-Day ライセンスとか買わないように
 ※購入時に電話番号の入力が求められ、その番号に国際SMSが届きます。
 ※au から MNP した人には、国際SMSが届かないかも?
 ※SMSの設定についてはドコモ公式へ
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/measure/sms/dial/index.html

(4) (2)でインストールしたOmnius for SE v0.26を起動する
(5) Server タブ → Sever Settings でユーザー名とパスワードを入力する
20111117_04.jpg

(6) Actions タブ → Phone Type で Xperia Arc を指定する
20111117_05.jpg

(7) Actions → Unlock → Unlock network lock by cerficate replacement を選択して OK を押す

3. Omnius for SEはそのままで端末の作業
(1) 電池を挿入する
(2) 金属クリップで testpoint (右下。検索して確認すること) と、SIM カード固定用の金具とを接続する
(3) (2)の状態のまま軽く1回電源ボタンを押した後、離す
20111116-DSC_0033.jpg

(4) 金属クリップを除去する
(5) testpointカバーを元の場所に貼り戻す
(6) USB ケーブルで PC と接続する
(7) デバイスマネージャに「QHSUSB_DLOAD」と認識されるので、C:\Program Files\Omnius for SE\Drivers\ 内のドライバを適用する(Omnius for SEをインストールした場所)
 ※デバイスマネージャはスタート>マイコンピュータ>右クリ>プロパティで出ます
(8) Omnius for SE でアンロックが完了したことを確認した後、USBケーブルを取り外す
 ※Omnius for SE はこれ以後不要。終了したのち、アンインストール可
(9) 電池を抜いた後、SIM カードと電池を挿入して電源を入れる
(10) 電話 → *#*#7378423#*#* → Service Info → Configuration → Bootloader
 unlock allowed: Yes
 Unlocked!
20111116-DSC_0012.jpg
※fastbootモード(電源OFF状態からメニューキーを押しながら)USB接続するとLEDが青く光るかを確認。


CM7.2.0 - FXP046のインストール手順 】
1. Flashtoolで4.0.2.A.0.42を焼く
(1) 端末の電源OFFにする
(2) Flashtool起動、Flashボタン(稲妻のアイコン)でXperia Arc (LT18i)_4.0.2.A.0.42_CE.ftfを選択
(3) ポップアップが出たらバックキーを押しながら接続、動き始めたらボタンを離す。
(4) 「turn on Unknown Sources and Debugging」と表示されたら完了、接続を外す
20111116_05.jpg

2. boot.imgを焼く
(1) 端末の電源OFFにする
(2) fastbootモードで接続
(3) fastboot.exeのあるディレクトリでコマンドプロンプトを開き
fastboot flash boot boot.img
(4) 焼きあがったら接続を外す
20111116_01.jpg


3. CyanogenMOD導入
(1) 電源を入れ「FreeXPERIA」のロゴが出たときにボリュームダウンキーを数回長押しするとCWM Recoveryが立ち上がる
(2) 「install zip from sdcard」→「choose zip from sdcard」
(3) 「update-cm-7.2.0-RC0-XperiaArc-LT15i-KANG-signed.zip」を書き込む
(4) 続けて「gapps-gb-20110828-signed.zip」を書き込む
(5) 「wipe data/factory reset」実行
(6) 「wipe cache partition」を実行
(7) 「Reboot system now」
20111116-DSC_0024.jpg


【 導入後には 】
(1) APNの設定
SPモード接続にするため、APNにspmode.ne.jpを追加
設定>無線とネットワーク>モバイルネットワーク>アクセスポイント名>メニューキーから新規
名前 : NTT Docomo
APN : spmode.ne.jp

(2) アプリ関連
SPモードメールやPoBOXはチタニウムから復元する強制終了の嵐になります。
SPモードメールはマーケットからインスコ
PoBOX(JanapneseIME.apk)はファイルマネージャ等でSDからインスコ(コピペではなく手動でインストール)

(3) SPモードメールPUSH受信パッチ(framework.jar)
CustomROM JP_Completeファイル作成ツール v1.25 by Y2R
http://www.mediafire.com/?r5rhpddqbaxcl25
元となるZIP(update-cm-7.2.0-RC0-XperiaArc-LT15i-KANG-signed.zip)をmake_JP_CompleteROM.cmdと同じディレクトリに置き、make_JP_CompleteROM.cmdを起動。
説明に従って作業する。
出来あがったZIPからframework.jarを抜いて差し替えればPUSH対応する。

【追記2012/03/11】
現在はSPModePushNotifier.apkやSPmodePush.apkでPUSH対応させたほうが早いはず。

(3) buiid.propの編集
SPモードメールなどをマーケットに表示させるためfingerprintをSO-01Cに偽装
ro.build.fingerprint=docomo/SO-01C_1246-7916/SO-01C:2.3.4/4.0.1.C.1.9/9nv33w:user/release-keys
PoBOXに絵文字を表示させるため追加
ro.config.libemoji=libemoji_docomo.so


【 FXPのアップデート 】
(1) 最新FXPのZIPをSDに入れる
(2) fastbootでboot.imgを焼く(fastboot flash boot boot.img)
(2) CMW「install zip from sdcard」→「choose zip from sdcard」
(3) (1)のZIPを書き込む
(4) 続けて「gapps-gb-20110828-signed.zip」を書き込む
(5) 「advanced」→「Wipe Dalvic Cache」「Wipe Battery Stats」実行
(6) 「Reboot system now」
※各種設定・アプリ等は残りますが、フォントやbuild.prop等はリセットされてしまうので再設定が必要

20111116_Arc_02.jpg

bootloader unlockCM7入れた後にFlashtoolでドコモ4.0.1.C.1.9を焼きましたが、普通に初期化され使えました。
※ただしbootloaderunlockのままです。


【 参考 】
[TUTORIAL] Sony Ericsson Xperia Arc bootloader unlocking
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1034087

[TOOL] [UPDATE 30/10/2011] Flashtool version 0.4.2.0 (Sources now on github)
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=920746
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

カスタムROM導入オメです。
カスタムROMからドコモROMに戻すと
動作が遅く感じませんか?
バッテリーの事を考えたらドコモROMに戻すのが
一番だと思いますが・・・

しのさん

ありがとうございますヾ(゚ω゚)ノ゛

確かに遅く感じますね~
ドコモROMに戻せるかどうかを確認したかっただけなので、すぐにCMに戻しました。

電池持ち悪いけど、充電できる環境が整っているのでしばらくこのままでいくつもりですw

お世話になってます。
やっと自分でUOT使えるようになり、2.3.3のころ気に入って使わせて頂いてたSteel Blueっぽいのができたと思ったら、BL-Unlockの世界へいってしまうんですか。
楽しそうなんですが、なかなか自分には敷居が高いと思うんで、もうしばらくこっちに居ます。
自分でUOTしてみて、はじめて今まであげて頂いていたものが手間がかかっていることに気が付きました。例えばデジタルの100段階など充電中の画像は手動での差し替えをしていたんですね!
ありがとうございました。単なるrooted組も見捨てないでくださいね!

X anzuさん

コメントありがとうございます。

UOTマスターおめでとうございます!
そうなんですよ、XDAで色々なテーマを探して、その画像をシコシコと加工したり表示を変えたりしていたんですw
あの充電中カウントアップも「こういう表示ならカッコイイんじゃない?」と思ってリネームしてました。
まぁ、大した作業じゃないんですが(;´Д`)
自分好みのテーマを作るのって楽しいですよね。

当面はCMで行く予定なんですが、気分次第で戻るかもしれませんw(飽き性なもので)
ソニエリがarcのICSアプデを発表しましたしね~

記事にはゴチャゴチャと書いていますが、その気になれば今はBLアンロックは結構簡単だと思います。X anzuさんも気が向いたらやってみてはいかがでしょうか?

No title

up早いですねwwビックリしました!
バッテリーはSET CPUのプロファイルで調整すれば結構持ちますね★
screenOFFの時は、最低Hzで動作とか

さすが、分かりやすく見やすい記事ですね^^

遠くへ行ってしまったのですね...
docomoROMの事もたまには思い出してかまってあげてください(笑)

ボクにはまだまだ敷居が高いのでコチラでゴニョゴニョしてます(^^;

No title

>管理人さんよりARC好きさん
コメントありがとうございます。
SET CPUのプロファイル調整して様子をみてみます!

>86k5さん
コメントありがとうございます。
遠くへってww
勢いでアンロックしてしまいましたw
しばらくこれで運用してみたいと思います。
86k5さんも気が向いたらチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

No title

アンロックおめでとうございます!
他のカーネルは焼かないのですか?
doomとか・・・。

Snowさん

コメントありがとうございます。
他のカーネルについては、もう少し勉強してからやってみようかと思っています

DooM..._〆(゚▽゚*)

YOSさん宛て 他カーネルについて

doomが有名ですが、他にも何通りかありますね。
来週に出るFXP047のChange logを見たのですが
電池持ちなどが改善された可能性がありますので
そのアップデートをしてからでも遅くなさそうで
すね。また、SetCpuを使っているようですが、
アンインストールしてしまうと、本体の機能での
クロック調整などがうまくいかなくなるそうなの
で、ご注意下さいね♪

SNOWさん

情報ありがとうございます。
FXP047で今より電池持ち良くなるといいですね~

>SetCPU
そうだったんですか!
勉強になります。
もし不具合起きてもCM7の初期状態バックアップをとっているので、リカバリしたらいいのかな。
最悪、焼き直せばいいかw

SNOWさま

私のarcにもカスタムROM入れてみたい・・・
FXP047まで待ったほうが良いのかな?
とっても楽しみです♪

piyotamaruさん

コメントありがとうございます。

FXPの更新は毎週月曜日!
私も047が楽しみです。

電池持ち良くなってるといいな~

No title

いつも拝見しています。

自分もCM7導入に成功しましたw
しかしbuildの書き換えを行ったのですが、spモードメールがマーケットに表示されずで、知人からapkファイルをもらインスコして使っています(再起動をすると強制終了くらいそのつど再インスコですが・・・対策を探していますw)

また、自動受信のmake~のサイトのパスを探せど探せど見つからずで手動受信になってますw;
パス無しのver1.25は発見したんですがCM7には未対応のようでした。
もし、パスを探し出すヒントなどあれば教えていただきたいです><



sirさん

コメントありがとうございます&CM導入おめでとうございます。

マーケットのSPモードメール表示ですが、build.propのfingerprintをSO-01Cの物にすれば表示できるんですが、おかしいですね・・・

あと、一撃ツール(PUSH受信パッチ)、確認しましたがパスかかってますね。
私がDLしたときにはそのまま落とせたんですけども。ノ(´д`*)
で、CM7でも大丈夫ですよ!
実際このツールで作ったframework.jarでPUSH受信できていますので。
作業が終わるまで少し時間がかかりますが、しばらく待ってみてください。
※作業が終わるとCMD画面が最初に戻ります。

とりあえず、FXP047で現在私が使っているbuild.propとframework.jarを上げときます

http://www.multiupload.com/UVPDXICOZD

No title

って、よく見たらリンク先のやつはv1.11ですね・・・
でも私のPCに入ってるものはv1.25でした。

ちなみにmake_JP_CompleteROM_v1.25.rar
22,941KBです。

紛らわしいですね、修正します。

No title

早速の返信ありがとうございます!

ファイルをいただけるとは、、、大変ありがたいです!
いただいたファイルを差し替えたところ、うまくできました!

本当にありがとうございました^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

すいません。無事できました!
でもなぜかマーケットがありません。泣

yuさん

コメントありがとうございます。
無事に導入できたようで、おめでとうございます。

>マーケットの件
GAPPS ADDON焼き直してみてください。
それでもダメならGAPPSの中のVending.apkを直接インスコで!

No title

できました!ありがとうございます!

yuさん

おめでとうございます~ヾ(゚ω゚)ノ゛

アンロックについて

いつも参考にさせていただいてますm(_ _)m

質問なのですが、アンロックでつまづいています。
bootloader unlockしたと思ったのに、チタニウムバックアップを起動すると、root権限を取得できませんでした。と表示され
busyboxをインストールしようとすると同様に権限がないと表示されます。

アンロックの手順はomuniusで作業しました。
アンロックしたあとのの確認は
1、電話 → *#*#7378423#*#* → Service Info → Configuration → Bootloader
 unlock allowed: Yesと表示されている

2、arc電源をきり、メニューボタンを押しながらUSB接続でLEDが青くついた。

でアンロックの確認をしたつもりなんですが、まだ足らない作業はあるんでしょうか??

0101さん

コメントありがとうございます。

fastbootモード接続でLEDが青に光るんであればbootloaderはアンロックされていると思いますよ。

CMは元々rootedなROMですので、おそらく純正ROM運用だと思うんですが、その場合zergRushでrootの取得が必要になります。
http://studio201.blog76.fc2.com/blog-entry-217.html

No title

YOCさん

ありがとうございます。
時間の取れる週末に再度挑戦してみます!
結果をまたご報告させて頂きますね☆

No title

YOCさん

ありがとうございました。
無事root取れましたm(_ _)m

0101さん

無事取れたみたいで、おめでとうございますヾ(゚ω゚)ノ゛

いつもお世話になっとります

非常にわかりやすい解説のおかげで、助かりました。
ちなみに、testpointに貼られてるシールを貼り戻すことを
書いておいていただけたら、全てが終わって
カッターの刃に張り付いたシールを見て

( ゚д゚)ハッ!

ってならなかったですw
(いや、そこまで書かなくてもいいだろうw)

五郎さん

コメントありがとうございます!
というか、こちらこそいつも勉強させていただいております。

>testpointに貼られてるシールを貼り戻すことを

確かに!盲点でしたw
せっかくのご指摘なので、手順に追加しておきますw

No title

今日、Omnius Bootloader unclock が
無料で使用できたのでBootloader unclockを行いました。
最初はerrorがでてできず調べても
同じ症状の方を見つけられなかったのですが
もしやと思いSEMCのドライバをインストールしたら
エラーが出なくなりunlockができました。
私のようにSEMCのドライバを入れていない方は
いないかもしれませんが、入れていないとerrorで
はじかれてしまうので、2. PCでの作業
の所の項目に入れていただきたいと思い書き込みました。
また、いつもこのブログにはお世話になっています。
ありがとうございます。

noxさん

コメントありがとうございます。

まずはBLアンロックおめでとうございます!
4/9まで無料キャンペーン中みたいですね>Omnius
そのSEMCのドライバというのは、アンロックする前の状態でPC接続する際のドライバということでしょうか?

私はここでその作業をした記憶がない(どのタイミングか不明ですが元々ドライバを入れていたんでしょう)んですが、折角のご指摘なので今度追記しておきますね。
ありがとうございます。

No title

すみませんドライバのことを詳しく書いておけばよかったです。
SEMC HSUSB Device をインストールしていないと
はじかれていました。
unlock中の実行中のログが出るところで
Detected chipset MSM7X30
この記述が出なくはじかれたら、多分私と同じ症状だと思います。

noxさん

SEMC HSUSB Deviceですね。
ご丁寧にありがとうございます。

昨夜友達のarcのBLアンロックしたんですが
「Detected chipset MSM7X30」
で弾かれることはなかく、スムーズに行けました。
やはり私のPCではドライバが入っていて問題なさそうでした。

余談ですが、そのとき別の問題が起きまして・・・

友達のarcは、
4.0.1.C.1.9
rooted
CWM(非BLアンロック向け)
状態からの端末をBLアンロック~DooM1.6Ghzカーネル焼き作業です。

OmniusでのBLアンロックは問題なく終了→
DooMKernel (v19)1.6Ghz書き込み→
リブート後にCPU調整アプリ入れる→
なぜか動かない→
root権が無い→
TitaniumやSUFBS等で確認してもroot無し→
zergRushでroot権再取得→
rooted→
Wifiが死んでる!→
あ、MODULES for DooMKernel忘れてた→
完了
という流れでした。

自分のarcで試したときはroot塞がれることなかったんですが、やはり、最初にftf焼いて初期化した状態からでないと不具合が起きるんでしょうね。

いつも楽しく拝見させていただいています。
こちらのブログを参考にさせていただき、無事にアンロック出来ました。
しかし、作業項目の デバイスマネージャに 「QHSUSB_DLOAD」と認識されるの で、C:\Program Files\Omnius for SE\Drivers\ 内のドライバを適用する。の箇所を間違えてしまい、arcが認識されません。
デバイスマネージャーを開き、適用し直そうと思いましたが、該当するデバイスが見つかりません…

どうすればよろしいでしょうか?
お手数ですが、ご教授くださいませ。

Monicaさん

コメントありがとうございます。

正直、あまり参考にならないかもしれませんが、考えられる方法として、

デバイスマネージャでドライバを削除してから繋いでみる
ドライバインストール前の時点にPCを復元してみる

ぐらいしか思いつきません・・・
申し訳ありません><

SPモード

こんばんは、Bootloader unlockにずっと興味を持っていまして、検索していたところYOCさんのブログにたどり着きました。
ずっと私には敷居が高いものだと思っていましたが、非常に簡単に解説を書いていらっしゃりなんとなく理解できたのでunlockを考えています。
そこで質問があるのですが、現在パケ・ホーダイ フラットで利用しています。APNの設定でSPモード接続に設定すれば、料金は今までと同じ料金で利用できるのでしょうか?それともあがるのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いいたします。

FOXさん

コメントありがとうございます。

Bootloader Unlockするだけ(もちろんUnlockした後、ドコモROMにOCカーネル入れる等)であれば、APNの設定も必要なく、今まで通りパケホ適用されます。

記事に書いた手順はBootloader Unlockした後、CyanogenMod(カスタムROM)導入という流れなので、APNの設定~と書いているんですが、これは海外ROMを入れたりカスタムROMを入れたりすると、SPモードのAPN設定が消えてしまうので再設定しましょう、ということです。
もちろん、カスタムROM等を入れてAPN設定をすれば、今までどおりパケホ内での運用が可能です。

余談ですが、キャリアは端末固有のIMEIで判断していたはずなので、ドコモのSO-01Cであれば基本的にどのROM焼いてもAPN設定さえすればパケホ運用可能だとおもいますよ~

No title

YOCさん、ありがとうございます。SIMフリー端末だとパケホーダイの上限まで達すると聞いたことがあり、bootloader unlockするとSIMロックもフリーになるようなので心配でしたが、これで安心してunlockできます。
なるほど、IMEIで判断していたんですね。ご丁寧にありがとうございました。今後もブログ拝見させていただきます^^

FOXさん

いえいえ!
このブログが少しでもお役に立てれば光栄です。
最近Xperiaネタが無いので恐縮なんですが・・・w
Site Map

カテゴリ別全記事一覧表示

Comments
Categories
Archives
Links
RSS Link
Tag Cloud

AC  Phottix  ドロイド君  韓流  晴海埠頭  Companion  大日影トンネル遊歩道  ゴルフ  T-01C  マルチタッチ  Ver.GFT  160GB  root  DELL  arc  三鷹  新磯子  LFA  INOMER  ダイバーシティ東京  コメダ  ADW  ADWLauncher  Akinator  classic    Chocolatier  mod  築地  流し撮り  Cafe  STARBUCKS  Adobe  New  Gate  ICS  志野ざき  EX  2.2  マクロ  望遠  GingerBread    S  ヲタ芸  Theme  箱根ターンパイク  NEOテクGEN  HI  成城  SyntaxHighlighter  GTI  VERT  上高地  竜頭の滝  ウイスキー  Docomo  WRC  コレクションケース  那須  MC297J/A  Nikon  うかい鳥山  スーパームーン  Black  首都高  FxCamera    丸真食品  TSI  DANBOARD  2  ガンダム  FreeX10  GX  XPERIA  Touran    ダンボー  ST2420L  ftf  ありがとウサギ  bootanimation  Abercrombie  FlyandFlip  Response  802CUSTOM  Lightroom4  COLLINE  MOD    IS200  NX  GODIVA  皆既月食  GingerBreak  単焦点  CRT  Beetle  天下茶屋  F2.8  COCORO@mode®  off  ラーメン  BootAnimation    サンセベリア・キリンドリカ  Green  温泉  上野  LEXUS  SIMGA  YOKU  YouTube  unlock  FullHD  MACRO  水滴  茶茶  SUNTORY  ひたちなか海浜鉄道  ぬいぐるみ  CM  II  奥多摩  トンネル  B&M  SuperMoon  お歳暮  豚肉  うなぎ  浮島    ZIGTECH  PUMP  RX100  R  CAFE  SANUK  Andorid  成田  車載動画  やさしくなりたい  CHOKOLATE  android  EROSTYLE  Volkswagen  多摩川  トシ  横浜  Anzu  BATTLEFIELD3  大納言  トゥーラン  箱根神社  車家  フィギュア  Xperia  北口本宮冨士浅間神社  amazon  マルメゾン  EPDC  仕込水  F1.4  Earth  GUNDAM  Golf  富士山  バッテリー  SHOZO  小作  カメラ  Reebok  ほうとう  千鳥町  CWM  adidas  2011  宮ヶ瀬ダム  LT15i  Suave  スピーカー  にんにく  山崎  GOLF  Admiral  アンジェ  マンデーフットボール  葛西臨海水族園  お台場  Ericsson  リボルテック  玉ボケ  是政    ALTEZZA  風林火山  遊歩道  百鬼夜行  ぐうたら  de  HD  100段階  EXCELLENT  工場夜景  DETOLF  華厳の滝  Enabler  手打ちそば  FURY  払沢の滝  Pappelburg  ヴェールの丘  screen  東京ゲートブリッジ  すぽると!  Again  2.1  ND400  Google  v2  亀屋友永  B&W  白川郷  市場  DiverCity  theme  堺泉北臨海工業地帯  結氷  東京ゲートブリッジ  D90  Sony    NITTO  xRecovery  花扇  INSTA  めんこや  2.3  IKEA  Squishable  モニタ  Stratos  MOKU  海洋堂  Fitch  大日陰  Nikos  SO-04D  紅葉  GOLFV  Moet&Chandon  舟納豆  カフェ  REGZA  多摩動物公園  series  Lancia  SONY  羽田  Checkout  尚仁沢  ヤビツ峠  さくらの山公園  幡ヶ谷  モノクロ  Froyo  Bridge  GT5  城ヶ島公園  bootloader  東北地方太平洋沖地震  Google翻訳  SO-01C  N10  動画  工場  八王子  50mm  Carlsson  斉藤和義  空港  夜景  噴水  ターンパイク  テーマ  PoBOX  Gingerbreak  GranTurismo5  70-200  build.prop  SHINY  とうふ  川崎  Polo  若洲海浜公園  Flashtool  壁紙  伊丹  GOLF5  三国峠  XOOM  新宿  蕎麦  sdk  501XX  SteelBlue  津國屋  BOSE  CustomTransition  音止の滝  THEME  Panoramio  ZIGSONIC  D800  飛騨亭  DIODER  カスタム  菜の花台  Tiguan  XDA  Map  キハ2004  蕎膳  伊丹スカイパーク  LEVI’S  フォント  movie  70mm  R-Line  SonyEricsson  夕焼け  サイズ  Ericcson  PS3  Cyber-shot  beta2  2.3.3  初詣  VW  DP2  PC  TEAMEROS  fingerprint  ADIDAS  隠れ家  iPod  Memories  うかい  SIGMA  Valentine  Market  MALMAISON  Crisis  白糸の滝  国立科学博物館  Gingerbread  Android  富士浅間神社    DSC  東京タワー  Spray  山中湖  Dark10  JIT  CyanogenMod  Eternity  GLOBAL  テザリング  広角  箱根  Plaza  DOZ  ほろよい部屋  Tokyo  京王フローラルガーデン  BF3  

Search
Profile

YOC

Author:YOC
[studio201]気ままにフォト&カーライフ
【Car】VW GOLFV GT-TSI('08)
【Photo】Nikon D800/Nikon D90/SIGMA DP2/SONY DSC-RX100
【Android】Xperia(無印)→arc→NX→GX
Twitterフォローで更新情報お届けします。

Twitter
 
Counter
QR Code
QR
Google
Amazon